風俗嬢の顔に落胆

見えてきた「自分の理想」の時間

これまで風俗は何となくというか、そこまであれこれ考えずに、とりあえず女の子に満足させてもらえればそれだけで十分だろうって思っていたんですけど、そうじゃないってことに気付いたんですよ(笑)というのも、風俗は自分の経験と言うか、それまでの経験によって気付くこともあれば、選択肢に影響が出る部分もあると思うんです。だからいろんな女の子と遊んでいるうちに、自分でも「理想の風俗嬢」の姿がおぼろげながらにも浮かんでくるようになったんですよ。それに、理想の女の子の姿を追い求めることが出来るのも風俗だと思うんですよ。今ではポータルサイトのおかげで自分がよく遊ぶエリアだけじゃなく、全然縁もゆかりもないような場所の風俗の情報だって簡単に調べられるじゃないですか。良いなって思った風俗嬢を見つけたら遠征さえもいとわないという人もいるかもしれませんが、理想に近い相手であれば自分もそんな気持ちになるかもしれないですしね。

安さ、それは大きな魅力じゃないですか

安いということは悪いことではありません。むしろ大きな魅力なんじゃないのかなって思いますので、風俗で遊ぶ時も安さを重視する時があります。まぁそういった時は大抵ピンサロになりますよね(笑)何となくではなく、明らかに他の風俗よりも安いじゃないですか。あの価格設定を見れば安いと感じるのは当たり前ですし、むしろ安いのにあそこまで楽しめるって言うことにプレミア感があるんじゃないですかね(笑)やっぱり安いってことは魅力だと思うんですよ。安かろう悪かろうって言葉もありますけど、ピンサロに関しては他の風俗より明らかに安いけど、でも得られるウ快感が他の風俗より劣っているかというと、そうでもないですよね。むしろあの雰囲気が好きだって人も多いんじゃないのかなって思うんですよ。それくらい独特な存在感があるなって思っていますので、ピンサロは安さを求めるのであれば利用する価値のある風俗なんじゃないのかなって思いますけどね。