風俗嬢の顔に落胆

開放感に背中を押されて

旅が好きなので、よく一人旅をするんです。パック旅行とかじゃなく、高速バスや鈍行など、いわゆるローカルな旅をするのが好きなんですよ。それだと特に何も決めなくとも家を出てぶらりといろいろな景色を楽しんで。そして疲れたらホテルに宿泊して。そんな時間を楽しめるんですよ。昔は漫画喫茶に宿泊することもありましたけど、最近ではホテルですね。ビジネスホテルであれば男一人での宿泊も特に問題ないというか、別に当たり前ですしね(笑)そして、ビジネスホテルに宿泊していると、旅の開放感だけじゃなく、一人の自由な時間。さらには旅をしているのに一人でホテルに居て良いのか?みたいな気持ちになってしまって、開放感に背中を押されるかのような形で風俗で遊んでいる自分がいるんですよ(笑)しかもビジネスホテルって絶妙ですよね。あんまり広くないので、風俗嬢との密着感があるじゃないですか。だから自然とスキンシップが出来ちゃう空間なんですよ。

試せるというのも良いですよね

風俗の素晴らしい所は枚挙に暇がないと思いますけど、試せるという点が何よりも素晴らしいんじゃないですかね。満足したいという気持ちはありますけど、好奇心でいろいろと試すことが出来るじゃないですか。これこそ風俗だけの魅力なんじゃないですかね(笑)失敗が許されないのはこちらではなく、女の子側なんです。こちらは失敗したところで自分が残念には思いますけど、でも風俗であれば好みの子ではないなって思っても満足しない訳はないんですよね。そこから新しい何かに気付かされることだってあるんです。だから風俗で自分が何よりもも心掛けているのは、とりあえず自分でいろいろと試してみるということなんですよね。これを実践することによって、じゃあ何が大切なのかとか、どういったことをすべきなのか。それらが見えてくるんじゃないのかなって思いますので、常に違うジャンルで遊ぶ苦依頼アグレッシブでも何ら問題ないのも風俗の特徴なんじゃないかなって。